Haskell

Haskell - An advanced purely-functional programming language

1990 – サイモン・ペイトン・ジョーンズ、ポール・フダック、フィリップ・ワドラー、デミ・ムーアの夫、ならびに動物の倫理的扱いを求める人々によって構成される委員会により、遅延評価を行う純粋な関数型言語Haskellが作られる。副作用の制御に使われるモナドの複雑さのため、Haskellには抵抗を持つ人々がいる。ワドラーは批判を和らげるために、こう語っている。「モナドは単なる自己関手の圏におけるモノイド対象だよ。何か問題でも?」

出典: 不完全にしておよそ正しくないプログラミング言語小史

Index

  1. Haskell: 純粋関数型プログラミング言語
    1. 環境構築
    2. 入門/チュートリアル
    3. 基本文法
    4. 再帰
    5. データ構造とアルゴリズム
    6. 拡張可能レコード
    7. 型クラス
    8. Functor, Applicative, Monad
    9.  コモナド
    10. Free Monad
    11. モナドの合成
    12. 継続
    13. 例外処理
    14. デバッグ・テスト
    15. Lens
    16. 構文解析器
    17. 並列・並行・分散
    18. ストリーム処理
    19. Functional Reactive Programming
    20. Generic Programming
    21. 篩型
    22. 型レベルプログラミング
    23. 線形型
    24. Template Haskell
    25. GHCと最適化
  2. 実践Haskell
    1. Haskell製のツール
    2. 社会とHaskell
    3. Web
    4. データベース
    5. 暗号技術
    6. ブロックチェーン
    7. Graphics/Game
    8. IoT/Mobile
    9. データサイエンス
    10. 量子コンピュータ
  3. プログラミングを支える数学
    1. ラムダ計算
    2. 領域理論
    3. 圏論
    4. 型理論